今更ながら、【赤髪の白雪姫】の感想

初めて見たのはGyaO!のネットTVでした。 紹介文に薬剤師の女の子が主人公たとか書いてあったのか覚えていないがなんでクリック。 オープニングの軽やかなピアノのイントロでなんか面白そう、とは直感的に思いました。 そして製作はボンズ。 僕の中でボンズは…

私のでんぱ遍歴

カップラーメンのCMで衣装が可愛いな、と軽い認識する。 たまたま見つけたサクラアッパレーションのPVにハマる。 ヘビロテする。 W.W.DのPVを見る。 イジメられた過去とか同情ビジネスぽくて好きじゃない。 パンチラインを見る。 男ナメんな。と思って残念…

AV女優 紗倉まなの「最低。」

以前AV女優と話した時に、なんでAV女優になったのか聞いた時、彼女は「憧れ」と答えた。 僕にはよく分からない「憧れ」ですが、その言葉にウソは無いような気がしました。 人は自分にもウソをつくからホントの事は分からないけれど。 彼女は色んな事務所に面…

デッドプール

面白かったです。 映画を観た翌日になっても面白かった、としか言えない。 オープニングのスローモーションシーンで"脚本家 本当のヒーロー"って紹介があった時点でこの映画の楽しさは保証された気がしました。 デッドプールはおしゃべりで、観客に対しても…

アイアムアヒーロー

原作漫画は未読でした。 原作者である花沢健吾さんの作品の絵が微妙に生々しいのと コンビニでスピリッツを立ち読みしているときにチラッと読んだ時に妙に登場人物にイライラさせられるからなんか苦手なんです。 イライラさせる目的のキャラクター造形で単行…

ちはやふる~下の句~

「白波会に行っても良い。 でも二度と此処には戻って来るな。」 真島カッコいいなー。 こんな厳しい事を説得力を持って言える様な人になりたい。 能力・人格を磨くの大変そうだけど。正にリーダー。 そして 「なんかお前も一人でカルタ取ってんな。」 「もっ…

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

正義のために戦っているアベンジャーズ。 強大な敵に勝っても一般人の被害者は増えるばかり。 アベンジャーズの中心人物であるアイアンマンは罪の意識から国連の管理下にアベンジャーズを置くことを提案。しかしもう1人の中心人物であるキャプテン・アメリ…

極上爆音映画 マッドマックス

映画が始まった直後にズボンの袖が震える程の音量に驚いた。 平日の午後なのに満員近くの人が入っていました。 映画の開始終了時には小さな拍手も…。 皆アツいんだね…。そのアツさ嫌いじゃないよ。 ただ、爆音を感じられたのは中盤位までで、あとは映画に入…

ちはやふる~上の句~

なんとなく一人で映画見たくなって行ってきました。 序盤の千早(広瀬すず)と真島(野村周平)のドタバタを見ていて 美男美女のイチャイチャ(に見える)が妬ましいけど、そう言えばそういう漫画だった…! 何となく観に行った映画で忘れてたけど僕は「ちは…

before a midnight

奇跡的な再会を果たした前作から更に9年後。相変わらずジェシーのコミュ力ハンパない。諦めず、遊び心を忘れない。イケメン過ぎるだろ!9年間の間に二人は結婚。双子に恵まれてはいるがお互いの価値観のすれ違いは大きくなるばかり、セリーヌが怒りを爆発さ…

before a sunset

そこで終わり!?シリーズであるという事を知ってとりあえず見てみよう、とDVDを借りました。この駅で会おう、と約束した二人は結局会えずに9年が経つ。あるキッカケで二人は再開するが、男は結婚して子供がいた。しかし二人はお互いの事をずっと忘れていな…

before a sunrise

どんだけロマンス有り余ってんだ。旅行先で出会った男が女をナンパしたら結構ウマくいって話してたらドンドンお互いを好きになって、また此処で会おう。と約束したところで終わる。まず旅先でナンパしてウマくいく可能性がハードル高い。そして話していたら…

百円の恋 戦う「もこっち32才」

一子は32才のニート。 実家の肉屋では旦那と別れて出戻った妹と仲が悪い。 だけど彼女は実は人一倍乙女な心を持っている。 アタシはもう女捨ててんだよ。なんてウソぶくも、妹から「女捨てられないからそんななんだろ!」 と鋭いツッコミを入れられる。 色々…

6才の僕が大人になるまで

瑞々しい少年から青年になるまでを12年追いかけて撮影する考えが面白い。主人公だけではなく出演者全員が年をとっていくから他人の家族を覗いている感覚になる。そして自分の過去を思い出して、うわー!ってなったりする。どんどん主人公が成長する事に色気…

アントマン

世界を危険にさらす悪をピンポンラケットでやっつける。 とことんギャグが冴え渡る。 この映画の見所は悪役のイエロージャケットを着たダレットとアントマンアントマンが一対一で戦うシーン。 世界を救う戦いが女の子の部屋で誰にも気付かれず行われている。…

夜と霧

「私が恐れるのはただ1つ、私が私の苦悩に値しない人間になることだ。」「行動的に生きることや安逸に生きることだけに意味があるのではない。そうではない。およそ生きることそのものに意味があるとすれば苦しむことにも意味があるはずだ。苦しむこともま…

初泣き! ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

マックス(タイッサ・ファーミガ)の母・アマンダは売れない役者。代表作はB級ホラーですぐにジェイソン的な奴に殺される役。少しスレているけれど同時に少女な部分も失っていない。毎月の電気代にも困るけどマックスは娘としてそんな母と上手くやっていた。…

SMAPの生放送が気持ち悪かった。

SMAPを育てたマネージャーが、ジャニーズ事務所からの独立を画策、怒った事務所側がこれを阻止。SMAPの番組で彼等を謝罪させた。中居、草薙、香取の表情が暗く普段TVで明るく振る舞っている姿はなかった。真ん中に立つキムタクのみが明るい白のネクタイでそ…

そこのみにて光輝く

心に傷をおった綾野剛が、前科持ちで仮釈放中だが 人懐っこい菅田将暉に出会い、彼の姉である池脇千鶴と恋に落ちる。 しかし彼女は造園業を営むナカジマと不倫関係にあった…。 出てくる人物全員孤独。 個人的に好きなキャラクターはナカジマです。 綾野剛が…

2015年の紅白凄く良かった!

過去最低の視聴率だそうですが、僕は凄く楽しめました。アニメ紅白も素直に楽しめました。ガンダム、エヴァ、ちびまる子、妖怪ウォッチ、鉄腕アトムの流れも綺麗だと思いました。 鉄腕アトムが流れた時にそれまで付いて来れなかったお父さん世代の胸にグッと…

ワンピースを50巻まで読んでみた。

ワンピース歌舞伎を観に行くので予習として50巻まで読んでみました。そもそもワンピースは初めの頃は面白かったんですが段々読まなくなりました。なんでかっていうと・仲間だなんだですぐ泣く。それが暑苦しい。・ルフィの考えなしの行動で全部解決出来るか…

【おそ松さん5話】友達のいない僕にグサグサ刺さる一松の心の声がこちら。

一松の大切にしていた猫が言葉を話ししかも相手の本音を見抜いてしまう。 友達(彼氏・彼女)が欲しいのに強がってしまう全国の僕達を殺しに来たセリフがこちら。ツラい。ツラいよ・・。 上のセリフが一松、下がネコ。 友達?仲間?一生いらない!ほんとはそ…

峰不二子という女

ルパン一味がそれぞれ出合う前の話しで、不二子を中心に語られます。面白いのはルパン、銭形のお茶目さが抑えられてシリアスな雰囲気が少し強いところ。銭形はマヌケな単細胞ではなく、不二子と身体の関係を持つほどのダーティな雰囲気を醸し、ドジはするが…

キングスマン

評価が高いようだったので楽しみに観に行ったら正直そこまで楽しめませんでした。 もう少しシュタイリッシュで苦みのある映画なのかと思ったら案外そうでも無くて・・。 Xメン-ファーストジェネレーションやキックアスは結構現実の”苦み”とそれに対する”共感…

GODZILLA

金曜ロードショーで録画していたものを見ました。 カット毎に展開が変わっていくので疲れるがそこが面白い。 静と動のシーンが交互に来るので飽きない。 霧、煙りの使い方が上手い。 人間の視野に納まり巨大なモノの見せ方が上手い。 思い出した映画は「ミス…

デート~恋とはどんなものかしら~ 2015夏 秘湯

いつから杏を好きになったのか。 真夏の方程式よりも前だったと思うが思い出せるのは NHKで侍コスプレをしていた事。鎧を着るというより着させられている、という感じだったのを覚えている。 凛としているようで飄々としているようにも見え、どこか性格の明…

好きな人に距離を置かれて八つ当たりした日

婚活で連敗し、どうせ良い女じゃないだろう、と思って3か月前に知り合った人を初対面なのに話せば話すほど好きになってしまいデートしたり電話したりして、それでも相手が俺と話していて楽しいのか、今電話しちゃって大丈夫なのか。それでも声が聞きたい。好…

ミッションインポッシブル/ローグネーション

毎回心臓が停止しても高電圧を掛ければ生き返れるってアンパンマンかよ。 バイクのカーチェイス(バイクなのにカー)もそんな高速で移動しているのに人を撃とうとするなよ・・・そりゃ事故るよ。 この人がルパンなんでしょ・・・やっぱりね。 そんな都合のい…

インサイド・ヘッド

面白かったです! この映画の主人公は誰なんだろう。 ライリーなのか ヨロコビなのか カナシミなのか と考えた時に出てくるのはこの映画の主人公は観客自身なんだなー。 と思いました。 ”これはあなたの物語”というコピーは間違ってはないなー。とも。 誰も…

バケモノの子

熊徹の声は非常に憎めない存在感で素晴らしい。 九太の子供時代の声が宮崎あおいというのも驚いたがちゃんと会っていた。 しかし、イチイチ説明的で、しかも登場人物がセリフ上で説明的になったりするのだから良い所で 途端にテンポが悪くなってしまう。 ま…