読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラ・トラ・トラ!(後編)

いざ見始めると、長かった…。

ヒトラー最期の12日間に続き、この映画も
途中休憩を挟むんだね…。

感想としてはアメリカ側でもなく、日本側でもない
意外と公平な目で作られてるなー、と感じました。

アメリカ側パートは割りと淡々と、
日本側パートは作られた時代もあるのか
割りと日本人が元気(というか無邪気)です。

その中でも日本軍上層部はキリッとしているんですが
宣戦布告をする前に攻撃を仕掛けてしまったり
暗号を全部解読されていたり
アメリカ軍もその解読した暗号を上手く活かせなかったり
肝心な処で零戦の部隊を見逃してしまったりと

大きな舞台で小さなミスが大きく成長してしまうのを
目の当たりに出来ます。

戦争って思った通りに運ばないよな

という当たり前の事実を改めて認識出来る興味深い
作品でした。

そして零戦に爆破される米軍機はこの時代だから
出来たんだろーな。
というCG無しのガチ飛行機。
迫力有ります。