読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ(前編)

映画

正直言って庵野監督には期待していない。

世代的にはエヴァンゲリオン世代だが、
シンジのウジウジっぷりも嫌いだし、テレビ版を最後に放り投げた感も好きじゃない。
 
セルフカバーの映画を作った時はなんで新しいオリジナルで勝負しないんだろう。
と歯痒く思ったし、なんか世間に媚びちゃったな、と思った。
 
特技監督の樋口監督にも期待していない。
平成ガメラ三部作の特技監督としてはベストな
働きをしたがローレライを観たときに人間が描けておらず
とてもつまらなかった。
 
その後、巨神兵東京に現るを観たときに
この人全然変わってねーな、と思った。
宮崎駿も良くこんなしょーもない作品に巨神兵使用の許可を出したな。
と今でも思うし、原作のナウシカに出てくるオーマを汚された気分で思い出しても腹が立つ。
 
進撃の巨人を監督する、と知った時は
しょーもねーのが出来るんだろうな、
と思って見に行かなかったが案の定のボロクソ評価で
やっぱりな、ざまぁねーな、と黒い感情を楽しんだ。
 
一方で怪獣ファンとしてはアメリカの
 
ギャレス版ゴジラ
 
の様な特撮への愛とCG技術の圧倒的迫力、
見せ方の上手さを兼ね備えた映画を見る度に
感動と悔しさを感じざるを得なかった。
 
アメリカの特撮に負けず、
ガメラ三部作、特にガメラ2を越える怪獣作品を観たい。
とずっと思っている。
 
期待はしていない。というより
期待しないようにしている。
期待すると裏切られてしまう。
 
でも
 
この記事を書いているのは
TOHOシネマズ新宿で朝8:00上映開始の回に向かう電車の中だ。
仕事がある日でも起きない時間に起き、
都内最大級のスクリーンでゴジラを観ようとしてるのは
やっぱり期待してしまっているからなのだろう。