読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レゴムービー

主人公は常に皆と同じ行動を取ろうとするマニュアル人間(レゴブロックだが)。

自分自身がどうありたいのかよりも社会の規範らしきマニュアルを常に持ち歩いている。

しかし、友人だと思っている人達は彼をツマラナイ奴だと思っていて、まるで気にとめていない。

 

あるキッカケでブロックマスターなる世界を救う救世主に選ばれるが、今までマニュアルに頼りっぱなしなのでロクな活躍が出来ない。

 

そんな世界を破滅に追い込もうとする、おしごと大王(という悪者)から世界を救えるか、という内容。

 

思わぬ掘り出し物でした。

レゴブロックで構成された世界で、風景、炎、海の波、煙も全てレゴ。

レゴで構成された世界の映画なんて子供向き、という雰囲気も見事な脚本でむしろ大人向けに描かれています。

オープニングはマニュアル人間の主人公やその住人達がマニュアルに則した世界を賛美するミュージカル風で始まるのですが、人間が演じると露悪的になるような内容なのにレゴのキャラクター達が演じることでギリギリの毒っ気で一気に引き込まれます。

 

マニュアルだらけの世界でそれがいつの間にか自分の中で当然のものとして存在している僕自身の周りと僕自身が描かれているようで虚を突かれた感じです。

前半ではアクションもあるのでそれがちょっとレゴだらけで観難いところもありましたが。

 

後半、おしごと大王に追い込まれた主人公が見た世界。

それは主人公達が神と考えている者達なのですが物語の絡め方が非常に巧い。

父と息子の話しであり

創造性の肯定であり

レゴだけで全てを表現しようとする挑戦的な試みであり

と唸らされる作品でした。

ラストのオチも非常にお洒落でかつ楽しい。