読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イニシエーション・ラブ

80年代の男女の恋愛を描いた作品で、ラストにどんでん返しが待っている、

という作品。

主演が松田翔太前田敦子

当時AKBを卒業した前田敦子が主演をするということで主にAKBクラスタ

話題になった作品。

 

~以下ネタバレ含む感想です。~

 

話のテンポも良いし、80年代の音楽も良い。

世界のマエアツこと、前田敦子がクソ可愛いし

舌足らずな話し方や子犬っぽい演技も上手い。

もうこの作品はマエアツじゃないとダメだよねって思ってしまうから凄い。

 

モテない鈴木夕樹がクリスマスのイルミネーションの前ではしゃいでいるのを見ていると、

自分と重ねて、良かったねえ!と微笑んでしまう。

気持ち分かるよ。

 

ただオチが脱力させられる。誰得なんだろうか。

女子的には鈴木達也にリベンジしてやった。という気分でメシウマなのか。

いや、まぁ分かるんですが。

 

するってぇと鈴木夕樹の立場って一体。

僕自身は達也より夕樹側の人間だからモヤモヤする。

大切にしてくれれば誰でもいいのかと。

 

でも恋愛ってそういう要素もあれば、やっぱり感性がどこかでマッチしていなければ

成り立たないんじゃないかとも思う。

繭子はやっぱり鈴木夕樹の事が好きだったのかな。ダサさも含めて。

頼む、そうであってくれ。

 

でも元カレと今カレのあだ名が一緒ってやっぱり繭子怖いよ~。

所詮繭子にとって男は誰でもいい感が出過ぎてるよ~。

女の恋愛は上書き保存って言うけどさ。早すぎるよ~。

プレゼントまで一緒て。

 

鈴木達也の立場ならどうだろう。

なんだかんだ言って自分の身を振り返るとそういう事もあった。

色々気を使ってくれる彼女の気遣いを当たり前に思って自分の事で一杯一杯で彼女の将来まで

考えられる余裕がなくて。

でもそれはそれで仕方ないよなあ、と思ったりもする。

 

彼女の気遣いに乗っかり過ぎると、とんだしっぺ返しが来ると。

男の人には胸に刺さるものが有るハズです。

 

正にイニシエーション・ラブ

観て損はありません。